忍者ブログ
 南信州にある飯伊森林組合が取組む特伐作業についてのブログです。  特伐とは、木を伐採するのに刃物だけではなく、道具や重機を使って伐採する作業のことを言っています。  ロープを使ったツリークライミング(R)の技術も導入して日々技術向上、安全性と効率アップに努めています。
[PR]
writer:飯伊森林組合 2017-12-12(Tue)  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


伐倒方向
writer:飯伊森林組合 2012-09-25(Tue) 特伐作業の現場 
087.JPG103.JPG106.JPG014.JPGIMGP0215.JPG










45683204.jpeg068.JPG










伐倒方向に立木を確実に倒すためには周囲の状況をよく確認する必要があります。

受け口の向きや立木の重心だけで決まるとは限りません。

周囲の立木の枝が伐倒木に干渉していないか、上部がツルに巻かれていないか、立木が枯れていないか、幹の中心が腐っていないか、チルホールやローププラーのスナッチ(滑車)の方向や引く力の強さやスピードは問題ないか、ツルの残し具合や裂けやすい樹種かどうかなど様々なことを考慮に入れてチーム内でもよく確認したうえで伐採することが大切になってきます。
 
PR

この記事にコメントする
nametitle
mailtext
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
pass
この記事へのコメント
Powered by [PR]
/ Design by sky hine / PR:忍者ブログ